ブログ一覧

便秘

ミニチュアダックスのキャンディ(以後Cとする)をつれて堤防をドライブしてみました。麗らかな秋の風が心地よかったものですから窓を全開にし上半身を乗り出したCを肩にのせお互い有頂天になっておりました。すでに暴挙でございます。普段ろくすぽ散歩もしないCはグランドの野球少年たちを見、また生まれて初めての川を目の当たりにとても感動しているようでした。その様はあたかも初めて海を見て涙を流すブッシュマンを彷彿とさせるものでございました。興奮してきたCは大喜びの体で尻尾を直立させ、やおら腹部をよじって歓喜の踊りを始めました。遠くに富士、目の前に肛門、こりゃコントラストがあってなかなか乙なものじゃわい、と悦に入るやいなや目の前にポロリと何かが落ちてまいりました。まさか・・そういえばCは便秘だったのです。受動的な腹部圧迫が腸蠕動の口火を切ったのでございます。イントロも束の間、ポロポロとBrown Sugarが飛び出てきます。それはもう臭いの臭くないのといったらございません。Cは申し訳なく思ったのかこちらを振り向き、視線が合った刹那「パパ、あたいは幸せよ」とおそらく言ったのでしょう。それで免罪符を得たつもりなのかCはいよいよ本気を出してまいりました。8ビート、ロケンロール、調子の良い鍛冶屋といったところでしょうか。驚愕、悪臭のあまり不覚にもハンドルを揺らしてしまいました。すると後ろからおそらくヨン様、いやヤン様が激しくあおってくるではありませんか。恐怖、屈辱のあまり今度はアクセルを踏み込んでしまいました。前方の車にすんでのところまで接近し、見ると金色に輝く8が4つも並ぶこちらもおそらくヨン様、いやヤン様とお見受けいたしました。如露亦如電※、人生これまでかと地団駄を踏み、愚図りだした私をCは喜んでいると錯覚したのでしょうか、今度はポロからニョロへとやんわりひねりを加えてきやがりました。「パパ、あたいのS状結腸の形どう?」。死を覚悟した人間にはもはやそんな戯言など到底耳には入りますまい。走馬灯の序でに一瞬未来を垣間見ました。とくダネ!「ウン転中にウンを浴びるもウン良く軽傷ですんだようです(嘲笑)。どうせこれまた中国でしょ?(失笑)」
結語 頑固な便秘に対し運転中の腹部マッサージが著効した稀有な1例を経験した

如露亦如電【にょろやくにょでん】:「人の命は露の如く儚く、稲妻のごとく一瞬で消え去る」という意味

 

2017年10月09日

熱中症

水谷豊主演の“熱中時代”をご存知だろうか? 困難に体当たりで熱中する北野先生と小学生達の感動学園ドラマである。そこで問題。「“熱中時代”に熱中するあまり熱中症になった人は自然界に存在しない。これを証明せよ」いわゆるフェルマーの最終定理である(ウソ)。証明はいたってlogicalだ。「“熱中時代”の放映は1981年まで。熱中症という病名が使われだしたのは1995年頃から。Q.E.D.」。昔は日射病(または暑気あたり、かくらん)といっていたものがいつのまにか定義が拡大しているのだ。なぜか? 炎天下での運動・作業中に倒れるいわゆる日射病以外に、室内でも体温・水分調整ができず発症するケースが増えてきたため、さすがに“日射病”じゃ塩梅が悪くなってきたんじゃあないでしょうか。ところで熱帯の人々は熱中症が多いかというとそんなことはない、逆に少ないのである。暑熱馴化つまり汗腺機能が高く基礎代謝が低く、暑さに負けない体に進化しているのだ! 温帯人も負けてはいられない。そもそもエアコンを上手にご利用、水分をこまめに摂取しましょう、などと軟弱なことをやっているからそんなことになるのだ。あえて梅雨の晴れ間に例の計画を決行した。自宅の余分な土1㎥(業界用語でりゅうべえ)と実家で必要な土1㎥が一致。移動するだけだ。正午、外気温35度、南中高度がハンパない。戦闘意欲が漲ってきた。北鎌尾根、大腸内視鏡手術に匹敵するあのわくわく感である。普段から扇風機生活の私には暑さに対し自信があった。さあ所さんの仇だ、熱中症かかってこいやあ。まずスコップ、ふるいで石・ガラを取り除き一輪車へ。米ぬかですき込んだ土から良い香りがする。まだ大丈夫、贅肉も溶けていく・・。先日の豪雨で湿った土がでてくるとさすがにスコップが重い。ふらついたところへ蚊に刺されバラのトゲが刺さった。熱疲労(=脱水症状)か。むかついたので水をがぶ飲みした。作業再開。しばらくして手足がややしびれてきた。今度は熱痙攣(=多量の発汗に対し水だけを補給したためNa濃度が低下した症状)である。それもお見通し。スカイウォーター(コーナンで買った激安スポーツドリンク)をがぶ飲みした。すぐ復活。たまった土をいよいよ愛車キャンディ号(軽トラ)へ。これが結構きつい。途中でめまいがして座り込み、ブルーシートが白く見えた。熱失神(=末梢血管が拡張し血圧が低下)の前兆か、これも想定内。しかしここから先になってしまうと医師としての品格を問われかねないので(すでにないかそんなの)「今日はこの辺で勘弁してやろう」と捨て台詞を吐き、クーラーギンギラギンの室内へさりげなく♪逃げ込んだ。そして適度な温度設定を常に心がけ、こまめに水分と適度な塩分をとり、汗疹(=あせも)を防ぐため丁寧に汗をふき取った。文明人最高!  
※下線部の答:快適な生活を求めるあまり環境変化への順応が脆弱になり、結果“熱中症”なる不可思議な病名が発生したこと  
(諸説あります)

2017年07月15日

咳喘息

咳ほど不可解な生理現象はない。外界からのウイルス、煙等の呼吸器への侵入を防御する、気道に溜まった痰を排出する等、生体の合目的な反射とされているが、些かそのタイミングがよろしくない。大切なお客様からの電話に出た途端、何で今出るかなとばかり連発する。風邪をひき頭が重く、剰え咽喉の痛みとともに治っていたはずの虫歯まで騒ぎ出し、こりゃまずいとばかり早々と床に就いた途端、何で今出るかなとばかり連発する。医学的には眠気→副交感神経優位→気道の収縮→※易刺激性↑→咳→不必要な呼吸→気道粘膜の乾燥→※に戻るを100回以上繰り返す→不眠→抵抗力・免疫力↓→易感染性↑→気管支炎・肺炎へ、といった恐怖の無限スパイラルに突入するのである。咳を引き起こす要因として感染以外には、逆流性食道炎というトリッキーなものから肺癌や心不全というやばいもの、なかんづくアレルギー素因でもあればさらにやっかいなstageへ進展する。即ち咳により気管支の平滑筋が収縮し、かつ気管支粘膜が浮腫を起こし気管支喘息と同じ病態=咳喘息となるのである。とまあメカニズムは理解するのであるが正直、でもそんなに出る? 生理的な防御反応の範疇を大幅に凌駕してね? 2発目以降まじで必要? 人間がさんざん進化して治癒力を高めてきたあげくがその程度? とまで思えるのである。

2017年06月13日

内視鏡技師会

内視鏡staffです。先日技師会に参加してきました。胃内視鏡の際の枕の工夫、前処置における凍結咽頭麻酔、検査中の被検者へのタッチ効果、また大腸内視鏡挿入時の腹部用手圧迫法、EMRにおけるスネアリングの医師とのコラボレーション等々、comedicalとしての役割は大きく、まだまだ未熟な自分はこれからも症例を重ね鍛錬していこうと心に誓うのでした。ファイト!(H.S)

2017年05月25日

五月病

今年の連休は毎日天気がよかったですね~ちなみに私は渋滞が怖くてずっと家にひきこもっていました(大笑い)。ところで五月病って何でしょう?そもそもそんな病名はありません。精神科的には”適応障害”ということになるのでしょうか。これは4月に新しい環境を迎え、理想的な将来像へ向けモチベーションを高めながら一生懸命頑張る、突っ走る、理想の上司を演じ続ける。そしてGW明け(ちょうど今頃)一気に疲れがでる。さらに理想と現実の乖離に気付き焦燥感からうつ状態へと・・・
五月病は真面目で責任感の強い方になりやすいといわれています。では自分は五月病か?1)YES→そんな医者に診てもらいたくないですね 2)NO→不真面目かつ無責任みたいで何かやですね(理論的にはおかしいですが)まさにパラドックスです。

2017年05月20日

ブログ始めようと思います

これまでブログなるものを書いたことも読んだこともありません。お恥ずかしい話、いまだその存在意義すらわかっておりません。いつの日か必ずや皆様のお役に立てるかもしれない情報を提供できればと考えてはおります。

2017年05月01日