咳喘息

咳ほど不可解な生理現象はない。外界からのウイルス、煙等の呼吸器への侵入を防御する、気道に溜まった痰を排出する等、生体の合目的な反射とされているが、些かそのタイミングがよろしくない。大切なお客様からの電話に出た途端、何で今出るかなとばかり連発する。風邪をひき頭が重く、剰え咽喉の痛みとともに治っていたはずの虫歯まで騒ぎ出し、こりゃまずいとばかり早々と床に就いた途端、何で今出るかなとばかり連発する。医学的には眠気→副交感神経優位→気道の収縮→※易刺激性↑→咳→不必要な呼吸→気道粘膜の乾燥→※に戻るを100回以上繰り返す→不眠→抵抗力・免疫力↓→易感染性↑→気管支炎・肺炎へ、といった恐怖の無限スパイラルに突入するのである。咳を引き起こす要因として感染以外には、逆流性食道炎というトリッキーなものから肺癌や心不全というやばいもの、なかんづくアレルギー素因でもあればさらにやっかいなstageへ進展する。即ち咳により気管支の平滑筋が収縮し、かつ気管支粘膜が浮腫を起こし気管支喘息と同じ病態=咳喘息となるのである。とまあメカニズムは理解するのであるが正直、でもそんなに出る? 生理的な防御反応の範疇を大幅に凌駕してね? 2発目以降まじで必要? 人間がさんざん進化して治癒力を高めてきたあげくがその程度? とまで思えるのである。

2017年06月13日