究極の楽ちん胃カメラ = 鼻から胃カメラ + 鎮静剤

鼻から胃カメラに鎮静剤を併用する方法です。鎮静剤とは睡眠薬が液体になったようなもので、これを点滴することで緊張がほぐれより楽に検査を受けることができます。 俗に、”麻酔で眠ったまま検査を受ける”といわれるものです。
※注意 全身麻酔薬(内視鏡検査での保険適用なし。呼吸・循環抑制強い) は当院では扱っておりません。
消化器内視鏡学会で推奨されている”意識下鎮静法”つまり ”なんとなくうとうとし、反射が弱るが意志の疎通ができる” 状態になるように、ワンショット静脈注射ではなく点滴により状況を見ながら適宜薬剤を調整して投与します。
まれに呼吸抑制や血圧低下などの作用が出る場合があるので、十分なモニターの下で行います。

鎮静剤はこんな方におススメです

極度の緊張症の方(ベットに横になっただけで心臓バクバク、息ハアハア)
極度にのどが敏感な方 (歯みがきだけでもおえっとなる方。前処置の段階でおえおえ始まりやすい)
過去に胃カメラがトラウマのようになっている方
それよりは確実に楽とは思いますが、あえて思い出す必要もないでしょう。そんなの克服しなくていいです)
とにかく胃カメラの検査が不安で胃に穴があきそうな方 (それじゃ本末転倒です)
ライブ映像など見なくて結構、時間があるので寝ながらじっくりやってほしい方