ボードゲーム

「先生、新型コロナって実際のところどうなんですか」「あれはかかると本当に早いよ」「やっぱりそうなんですか」「でもエンジンかかったとたんブッ飛んで速いのは新型スープラだけどな、ハハハ」「・・・冗談言っている場合じゃないですよ先生、今37.5℃でたら大変なんですから」「そんなんじゃ、ぬるくて入れないよ、うちは41度に設定してっから」「・・・」「あれっコロナのエコキュートの話じゃないの?」「・・・」「ここで一句。コロナにて コロナみながら コロナのむ」「もしかしてそれ、車の中で皆既日食見ながらビール飲んでるって図ですか? 飲酒運転だし、第一季語ないですよ」「コロナだけに春先でしょ、なんつって」「してやったり顔ですね、先生」「君、なんで私がこんなギャグを言うかわかるか?」「さあ」「それは・・オヤジだから」「そこに山があるから、みたいですね。もういいです。ボク忙しいんで、病棟に戻ります」「ごめんごめん、あまりに医局が殺伐としているもんだから、こうでもしなきゃと思ってね。ところで君の質問何だっけ」「実はあれってやっぱり・・先生だから思い切って言っちゃいます・・ただの風邪だと思うんですが」「ほう」「ボクの仮説をきいてくれますか」「いいよ」「この病名、Cとします、が世に知れなかった場合を仮定します。ちなみにボクは政治的背景など一切興味がありません」「なるほど」「医者にCという認識があってもなくても呼吸不全に対する治療法に変わりはありませんよね」「まあ今のところは特効薬もないわけだし」「高度な医療レベルを前提に考えますが、局地的なoutbreakが起こりその医療機関のキャパシティーを超えた場合、関連病院との連携にて相当数カバーできるはずです。一方無症候性あるいは軽症のキャリアであっても本人は風邪程度と考え病院など受診しません」「確かに」「彼らが移動することによりviral infectionが次第に世界的に拡散しますが、それ自体は風邪と何ら変わりありませんよね」「そりゃそうだ」「たとえ致死率がある程度高くてもパニックが起こらない分、病院では通常の治療戦略に沿った呼吸循環管理ができるはずです」「うん」「でもCという認識がない以上、ロックダウンなどといった政策は施行されないためパンデミックとなり得ますがそれは単なる言葉のインパクトだけで、風邪が流行りだした、と訳して支障はないでしょう」「支障あるよそれ」「その結果生じた死者総数をXとします」「・・」「一方今回はインターネットを通じて一瞬にして”未知なる凶暴ウイルス現る”とう情報がウイルスより何倍も速く世界中に拡散しパニックを引き起こし、それによる副次的な犠牲いわば合併症が無視できないくらいのものとなりました。軽症者が押し寄せたため健全な医療行為ができなくなり、その結果まず重症者が犠牲になる、これを(a)とします。不眠不休で勤務した医師が犠牲になり(b)、その医師を主治医にもつ患者の治療が途絶し(c)、病院の閉鎖が余儀なくされ入院患者の容体が悪化(d)、国策により経済が低迷すると自殺者(e)、受診できず孤独死(f)、貧困・略奪(g)、人間関係悪化・ハンパない不平等感によるmental disorder(h)・・・・(z)となり、ここでa+b+c+・・・+z=Yとします。XとYを比較する際、経済損失の係数λを・・」「もういい、不謹慎だ君は。みんなで力を合わせて頑張っているのにそんな屁理屈は士気をそぐんだよ、直ちに医局を去りなさい!」「まあまあ先生おちついて、他国のことはともかくまず本邦の話をしませんか。肺炎による死者は年間10万人、一方C肺炎は4か月経ってたったの500人です。正直めちゃくちゃ少なくないですか? なのにTVをつけりゃ毎日毎日、”ピコリーン、本日の感染者数は〇〇人です”、とまるで選挙速報みたいにやるじゃないですか。棒グラフをだして恐怖心をあおるあおる。その人たちが一体どうなったか、そもそも何人検査したのかは決して言わず、”一方死者は××人です”とやばそうにこそっと言う。あれじゃまるでロシアンルーレットみたいじゃないですか。一般の人がきいたらマジでビビりますよ。医者が知りたいのはバイアスにみちた感染者数なんかじゃない、ケースレポートつまり一体どういう経過を追って死に至るのかの詳細だよお。そもそもせっかくWHOがCOVIDって名前つけたのにだれ一人そう呼ばない。まるで羽田空港を誰もビッグバードなんて呼ばないのと一緒、企画倒れだあんな名前っ、まったく一体いつまで新型新型って騒いでんだろう、もうとっくに旧型だよおっ」「ちょっ、大丈夫か、さっきからテンションが・・で一体何が言いたいんだ君は」「はっきり言います。およそ人間はCなんかではなく、がんや脳卒中、心筋梗塞で死ぬんです。しかもCなんか比べものにならないくらいたくさん・・それらの人の治療を普通にしたいだけです、ごく普通に。ついでにボクの初めてのヘルニアのオペも延期になりました、まあそれはいいんですけど・・」「よくわかった、では今度は私の番だ。現在海外で死者が増加しているが君はどう思う?」「ハグの習慣とか、国民皆保険でないとか・・TVで言ってたけど」「なんだ、めちゃくちゃTV見てんじゃん。でも本気でそんなの信じてんのか? 私が思うに、virusの変異型と民族差つまりHLAの違い、そして何といっても・・気候だろう。つまり攻撃側と防御側そして周りの環境、すべてが違うということだ。そもそもアジアでは旧型コロナの頻回の暴露により自然免疫がすでに高いレベルにあるはず。なにもみんなで頑張って自粛したから収束に向かっているわけではないんだよお、ほっときゃ勝手に収束すんだあんなもん! 専門家然とした野郎どもがTVで得意げにぎゃあぎゃあ言いやがって! ウイルスが終息する前にまずこのバカ騒ぎを収束させろっつの!」「おっ先生ものってきましたね」「あっまずい、今のノーカンノーカン、忘れてね。えーっと、まずアベノマスクつけなきゃ、あとグレムリンも下げてと」「クレベリンのことですか? 先生こそ男らしく生きましょうよ。もうズバリ言ってください。Cっていったい何なんですか?」「風邪だよ」「やったー! やっと意見があいましたね先生」「ただしそれはほんの入り口だけだ。本態は・・」「本態は?」「血栓症だ」「えっ」「しかもターゲットは肺胞じゃない、肺臓と全身の血管だ。剖検データの蓄積によりいずれevidenceとなるだろう。君も研修医ならTVなんか見てないでPubMedで文献をあさりまくりなさい、しばらくオペもないんだし」「よくわかりました。やっぱり先生に相談してよかったあ。ところで先生、ボードゲームとか好きですか?」「うんまあ、けっこう」「じゃ、やりましょうよ。ボクんち雨漏りしてるから3密じゃないし」「で何?」「パンデミック!」「コラっ」

2020年05月10日